【アート思考・デザイン思考 研修】 | イシキカイカク.com

イシキカイカク.com

セミナーに参加

  • 関東
  • 総合

【アート思考・デザイン思考 研修】

◆日時:令和3年1月9日(土)~11日(月)

【アート思考・デザイン思考 研修】

子供たちの教育についていろいろと考えている中で
これからの子供たちには
「世の中の課題を見つける力」「その課題を解決する力」
が必須であると考えるようになりました。

私個人の場合は、世界20カ国くらいを回って
「日本の若者の意識」に課題を感じることができました。

そして、その解決策として「教育を変えることだ」と考え
当初は「政治家として政策を変える」を目標としていましたが
途中からそれは時間がかかりすぎると気づいて方法を変え

「情報発信して仲間を集める」そして、集まった仲間に情報を共有し

「学校や政党を作って国民運動で変える」という計画にシフトしました。

そうして活動をしている中で私が感じてきたことは
「なぜ、みんなは課題を感じないのか」
「なぜ、課題を感じているのに解決策を考えないのか」
ということでした。

しかし、ここにも教育の問題があって、
我々は学校でそういうトレーニングをしてきていないのです。

ですから私も、自分は課題解決のために行動できても
人にその発想法を教えることはできてきませんでした。

そんな中、2020年にシリコンバレーに行き
そこで【デザイン思考】という思考法を知りました。
そして、デザイン思考について調べているうちに
【アート思考】に出会いました。

今回はこの2つを合わせて
参政党DIYスクールでもお世話になっている
笠井成樹さんを講師に、3日間でその概要を
学んでいきたいと思います。

今回の目標は、それぞれの思考法を理解し

・社会の課題をみつけて、解決法を考える
・子供たちに教えられるようになる
・子供の発想力にフタをしない
・ビジネスや社会活動に応用できる端緒をつかむ

ということです。

親子やご夫婦でのペア申し込みも設けました。

是非一緒に学んでいきましょう。

【デザイン思考】【アート思考】の概要がわかるページをいくつか紹介します。

デザイン思考とは?
https://times.mazrica.com/column/what-is-design-thinking/

アート思考ってなに?
https://tkart-business.com/art-thinking/

アート思考とデザイン思考の違いとは?
http://www.saltad.co.jp/artthinking/artdesignthinking/

***

◆日時:令和3年1月9日(土)~11日(月)

◆会場:ワイム貸会議室 四谷丁目 Room:C
住所:東京都新宿区四谷3-12 丸正総本店ビル6F
最寄り駅:東京メトロ丸ノ内線「四谷丁目」駅 1番出口 徒歩1分
https://waim-group.co.jp/space/yotsuya/access.html

***

▼1月9日(土)
アート思考
10:00~12:00 柔軟思考ワーク
13:30~14:50 見立てるワーク
15:10~16:20 シュンペーターの新結合ワーク
16:30~17:00 学びの振り返り

***

▼1月10日(日)
アート思考
10:00~12:00 類似、相似の連想ワーク(類推)

デザイン思考
13:30~15:30 問題を再定義する その1
15:50~17:05 問題を再定義する その2
17:15~17:45 学びの振り返り

***

▼1月11日(月)
デザイン思考
10:00~12:00 北極星を設定する
13:30~15:00 解決策を創造する
15:15~16:20 発表とフィードバック
16:30~17:00 学びの振り返り

*終了後、講師と懇親会

***

◆受講料金:
会場受講 1名様:48,000円
会場受講 親子またはご夫婦で参加:78,000円
※親子参加の場合:高校生以上のお子さんの参加をお勧めします。

ネット受講(ライブ配信+録画):40,000円
※ライブ配信用:ZoomのURLは12月25日までにメールアドレスにお送りいたします。
※録画視聴用のURLは終了後、10日以内にメールアドレスにお送りいたします。

*懇親会費:5,000円 先着30名

***

◆定員(会場):50名

***

■講師: 笠井 成樹(かさい しげき)氏

神奈川県生まれ。
ハーバード大学マーシャル・ガンツ博士のメソッド「コミュニティ・オーガナイジング」の専門家。
慶應義塾大学SFC研究所 所員(2014 – 2018)。NPO法人ソーシャルプロデューサーズ代表。
東日本大震災の際、未曾有の事態が起きたのに世論が「原発賛成・原発反対」に分かれて対立していたことに大きな違和感を抱く。それをキッカケに、「どうにか人が対立を乗り越え、協力し合う関係を構築できる方法はないだろうか?」と様々なメソッドや、リーダーシップ論を探究し、2014年にコミュニティ・オーガナイジング(CO)と出会う。

***

■講義概要

▼前提
従来のデザイン思考は、アート思考と分離したものと捉えられがちで別物として扱うのが⼀般的です。その考え⽅に私は違和感があり本来は、アート思考から始まり、デザイン思考に終わる。繋がっているものだと捉えています。

▼アート思考と、デザイン思考の繋がり
① 常識に囚われず、違和感をスルーしない柔軟なアート思考
② アート思考で捉えた問題を分解して真に解決すべき問題を発⾒するデザイン思考

▼目指す人物像
変革者たちは「⾃分の中に芽⽣えた⼩さな違和感を掘り下げ、常識を疑い、嘘を発見することから冒険をスタート」させてきた。(瀧本哲史著:ミライの授業より引用)

そのためには、イシューを特定する力が必要。イシューとは「クリティカル・シンキング」において、論理を構造化する際に、その場で「何を考え、論じるべきか」を指します。
イシューを特定するとは、「何を考えるべきか」「受け⼿の関心は何か」を熟考し、「考え、論じる⽬的」を押さえることを指します。
この思考⼒をアート思考とデザイン思考を学び、体験することで身に付けます。

▼常識に囚われず、違和感をスルーしない柔軟なアート思考のワーク概要

アート思考を構成する3つの⼒
l 見立てる力
l 飛躍思考力
l アナロジー力(類推)

4つのコンテンツ

1. 思考柔軟ワーク

アート思考を構成する3つの力を身に付けるために、まずは思考を柔軟にする必要があります。
数々の世界的に評価されているアート作品を通して、なぜその作品が評価されたのかを自由に考えるワーク。
アートには正解がなく、⾃由な発想を身に付けます。

2. 見立てるワーク

既製品には⽬的に沿った形と機能があります。人は当然その⽬的を達成するフィルタリングで製品を観ます。
そこで携帯電話や、紙コップなど既製品のモノをつかって、別の何かに見立てる練習をします。
たとえば、紙コップは、花瓶にもなるし、器にもなるし、ひっくり返すと富士山にもなります。
みなが同じ出来事を⾒ている中で、独⾃の視点を持つ発想を身に付けます。
これは単に別のモノに⾒⽴てることが重要なのではなく、どうして既存のフィルタリングに⾃分が囚われてしまうのか?
それを紐解き、他者が用意したフィルタリングに飲まれない体幹のようなものを鍛えていきます。

3. シュンペーターの新結合ワーク(飛躍)

シュンペーターは、何かと何かを掛け合わせることでイノベーション(新結合)が起きると定義しました。
私たちの暮らしや社会にある既存のモノに掛け合わせていく練習をします。
たとえば、既存の競技マラソンに、何か新しい要素を加えてみる(複数可)ことで、全く新しい競技が誕⽣します。
このように掛け合わせながら新しい概念や、仕組みをつくる発想を⾝に付けます。
これは単に掛け合わせることが重要なのではなく、既存のルールがどのようにして出来たのか疑うことが⼤切で
新しいルールを編集・創造する発送を身につけます。

4. 類似、相似の連想ワーク(類推)

似ているとは何か。この世の中にある全ての考え⽅は、過去〜現在までの出来事に類似、相似しています。
⼀体何と類似・相似しているのか?それを見つけていくことで、ある⼀定の共通点となる「本質」「背景」が⾒え隠れしていることが発見できたりします。

▼アート思考で捉えた問題を分解して真に解決すべき問題を発見するデザイン思考のワーク概要

デザイン思考は大きく分けて3つに分かれます。

1. 問題を再定義する
2. 北極星を設定する
3. 解決策を創造する

***

1. 問題を再定義する

アート思考で培った柔軟な思考⼒で⽬の前にある解決したい問題を深く掘り、真に解決すべき問題を⾒つけます。
私たちは問題の出来事に⽬を奪われがちですが、それは氷⼭でいう表⾯部分が出来事であり、問題を⽣み出している根本は海面に沈む氷⼭の底の部分です。
川でいう川下が出来事であり、問題を⽣み出している根本は川上の部分です。
このように出来事に囚われず、問題を分解し、真にアプローチすべき問題を再定義します。
ワークとしては、グループで問題を沢⼭洗い出し、因果関係を整理し、さらに問題の根本を堀り、⾃分たちが取り扱うべき問題を特定していきます。

2. 北極星を設定する

自分たちが取り扱うべき問題を特定したら、すぐに解決⽅法を考えるのではなく、問題に対してどのようにアプローチできるか様々な切り⼝を模索し、より最適で有効な仮説を導き出していきます。
そして以降、メンバー間で都度判断にブレが出ないように、より最適で有効な仮説を明文化します。
こうすることで北極星のようにいつでも⽴ち戻りブレがないようにします。

3. 解決策を創造する

より最適で有効な仮説(北極星)を基に、解決策を考えます。ここまでくれば誰でも良いアイデアを考えられる状況が整っています。様々なアイデアを出し、最適な解決策を選び、あとは実⾏あるのみです。

***

■キャンセル規定
お客様の事由によるキャンセル及び
悪天候・その他事由等により
ご参加者様利用予定の交通機関の乱れ・停止等
発生の場合のキャンセルにつきましては
決済完了後の返金をいたしかねますのでご了承くださいませ。

■主催:イシキカイカク株式会社
〒565-0821
大阪府吹田市山田東4-41-5-814

■■お問合せ先■■■■■■■■■■

イシキカイカク株式会社事務局
TEL:090-6059-8330
MAIL: order@isikikaikaku.com

■■■■■■■■■■■■■■■■■


お申込み期限:2020年12月29日まで

最新のセミナー

最新のイシキカイカクセミナー