女性のための社会学講座@東京 | イシキカイカク.com

イシキカイカク.com

セミナーに参加

  • 関東
  • 総合

女性のための社会学講座@東京

■ 日時:令和2年11月7日(土) 13:00~17:00

■ テーマ:自分と家族の健康と命を守るためにこれだけは知っておきたい!

    『医療・健康・メディアを取り巻く日本社会のしくみ』

***

家庭の中心である女性は、家族の健康マネージメントにおいても、重要な役割を担います。

コロナ禍において、何が真実かわからなくなるほど

様々な情報が飛び交うなか、自分で情報を集め、自分で判断する能力が必要不可欠な時代になりました。

「情報格差=幸せ格差」と言われるほどに

情報リテラシーの高さが人生の明暗を分けるからです。

今回は、おもに『医療・健康・メディア』をテーマに
今、絶対に知っておきたいワクチンや薬のこと、

日本の医療のしくみのほか、

密かに大きな問題となっている日本の水の問題、

世界一の食品添加物大国・日本の食事情など

日々の暮らしにとても密着し、大切な命を守ることにも直結する重要なテーマです。

しくみを知らないことで

誤った選択をし続けてしまっている人ほど

知れば今日から変わります。

メディアでは決して報道されない事実と

「なぜメディアは事実を報道しないのか?」についても

構造を知ることで情報の取り込み方が劇的に変わります!

***

■ 開催場所:東京・渋谷(予定)

※会場の詳細はお申し込み完了後にお知らせいたします。

 

■ 講師:神谷宗幣(かみやそうへい)

昭和52年福井県生まれ。

イシキカイカク株式会社代表取締役。

龍馬プロジェクト全国会 会長。

29歳で吹田市議会議員に当選(2期、副議長まで務め、衆議院選挙のために辞職)。

平成21年「龍馬プロジェクト全国会」を発足し、会長として現在二百数十名の会員を束ねる。

平成25年にはインターネットチャンネル「CGS」を開設し、政治や歴史、経済をテーマに番組を配信。平成30年ネットで「イシキカイカク大学」を解説し、世界の仕組みを伝える活動をしている。

著書「大和魂に火をつけよう」「坂本龍馬に学ぶ仲間をつくる力」など。

プライベートでは、2歳の息子の父。

 

■ ファシリテーター:浅井ちはる

ウーマンハピネス研究所 代表

一般社団法人ウーマンライフサポート協会 代表理事

美容・健康専門のPRとして数多くのメディアプロモーションに携わったのち独立。

「現代女性の幸せな生き方を提案すること」を目的として誕生した「ウーマンハピネス研究所」では、

メールマガジン通じて、美容・ダイエット、女性の体とメンタル、パートナーシップなど、

現代女性の”いま” に対するさまざまな働きかけを行なっている。

2016、2017年デンマーク視察ツアーの企画に携わり、多くの日本人とデンマークを繋ぐ。

年間10カ国以上、海外を訪れ、各国の優れた教育事情や、女性の労働環境についてなど、世界の多様な価値観の在り方をコラムやトークイベント等で発信。

現代女性の自由なライフスタイルを提案している。

プライベートでは、20歳の息子の母。

 

■ 受講料:5,000円

※今回は会場受講のみでネット配信はありません。

 会場に足を運んだ方だけにお届けするスペシャルなお話です。

※男性のみのご参加も可能です。

***

【 こんな方に特にオススメの講座です 】

  • 安心で健康的な暮らしを送るために質の良い情報を手にしたい
  • 薬やワクチンのリスク、今の医療制度などに不安や疑問を持っている
  • 情報に振り回されず、自分で判断する力をつけたい
  • なぜメディアが真実を伝えないか知りたい

世の中の仕組みを理解し、情報収集力を高めたい

 

【講座内容】

第一部 『医療・健康』

●なぜ今、世界で唯一、日本だけガン患者が増え続けるのか?

●自分や家族を守るために絶対に知っておきたい日本の医療のしくみ

●医者と薬に依存しない健康で美しいカラダの作り方

●世界一の添加物大国・日本を作ったのは政府ではなく国民意識。

安全な食の提供を望まない世界に類をみない日本人の実態とは?

 

 

第二部 『マスメディアと情報リテラシー』

● 人はどんなに情報に触れるかで人生が変わる。あなたのこれからの生き方が変わる情報との向き合い方!

● 人生の明暗を分ける3つのスキル!

「情報に踊らされない力」

「思考停止しないアイデア力」

「常識のアップデート力」の鍛え方。

● ただ情報を集めることに価値がなくなった

これからの生き方について。

など。


お申込み期限:2020年11月7日まで

最新のセミナー

最新のイシキカイカクセミナー